不動産の手入れ|不動産売買前に考えておくべきポイントとは

不動産の手入れ

部屋

マンションであれ一戸建てであれ、これから先のことを考えると不動産を保有しておくことはとても良いことです。なぜならば、不動産はインフレーションに対応した資産であるからです。インフレーションが起きている時は年々物価が上昇していくことになります。消費財が上がるのはもちろんですが、不動産のような耐久財も上がります。一方、現金や国債といった額面金額が変わらないものは、実質的な価値が下がっていくことになります。そのため、インフレーションにおいては住宅ローンのような借り入れをしていることもとても有効です。借入も額面が変わらないからです。固定金利で組んでおけば、金利も固定金利期間中は変わることはなく、借入金も目減りすることになります。

但し、気を付けなければならないことは購入を急ぎすぎないということです。現在、不動産価格はじわじわと上昇していますが、焦って購入を急いでしまうと高い買い物をさせられる危険性もあります。周辺相場をしっかりと見極めながら購入価格が妥当かどうか検討していきましょう。また、マンションも1戸建ても保有した後は定期的なメンテナンスが必要となってきます。定期的にリフォームなどをしていかないと資産価値が落ちてしまいますので、メンテナンスに係る費用はしっかりと確保しておくようにしましょう。土地は手入れの必要はありませんが、建物はメンテナンス次第で高くも安くもなってしまいます。高く売るためには保有後の日々のしっかりとした管理が重要なのです。